自分の性分にあっている職業を探そう

 転職理由は人それぞれですが、辞めた理由が「自分に合っていないと感じたから」なら、その職業は避けたほうが賢明です。たとえお金のためといえども、同じ職に戻ったりは止めたほうがいいと思います。なぜなら、同じことを繰り返してしまう可能性が高く、時間の無駄になりかねないからです。じゃあ自分にあった仕事をどう探すかというと、ちょっと時間はかかりますが、自分の性分をよく把握することだと思います。自分の性分が分れば、それまでは、「これは自分には出来そうにないな」と思っていた職業も意外と出来そうなものがある場合が多いです。

 

 例えば、コツコツとしたことが自分には合っている思っていても、データ入力だったり、実際に手で仕分けすることだったり、電話で事務的に応対することだったり、プログラムを組むことだったりと多岐にわたり、ここから性分に寄って合う合わないの判断で選ぶものが違ってきます。自分の性分に照らし合わせた上選んだ職業が、前の職業と比べて収入の面で見合わないと思うこともあるでしょう。ですが、自分には合っていないと思いながらお金のために仕事をすることが嫌になったのなら、やはり一度は自分らしいと思える職業に飛び込んでみてはどうでしょう?転職先がもし自分に合っていたら、収入と自分の精神とを天秤にかけ、過去の職業かどちらかを選べばいいのではないでしょうか。



このページの先頭へ戻る