転職していい人、いけない人

 転職をすることが、本人とって、いい人といけない人がいると思います。私は会社を経営してますが、先日40代後半の男性が面談に来ました。履歴書を渡されると、何と2枚ありました。転職が多すぎて1枚では書ききれていないのでした。短い期間で転職を繰り返しているので、大した役職にもついていませんし、ひとつの職場でじっと働いていないということは、キャリアも積むことができていないということも丸分かりです。そのくせ、待遇面について、昇給は年内にあるのか、とか、賞与はどうなっているのか、とかをずけずけと聞いてきます。その人は、採用する理由が見当たらないので、当然不採用にしました。生き方は人それぞれですし、仕事というもののとらえ方も人それぞれです。

 

 ただし仕事を単に、生活費を稼ぐ手段としかとらえられていない方は、転職をしない方がいいでしょう。仕事に嫌気がさして、職を転々としていくうちに、年齢を重ね、就職先がどんどん限られ、転職が自らの首を絞めることになります。一つのところでじっと仕事をしていれば、大した向上心はなくとも、一通りのことができるようになります。転職していい人とは、仕事を生きがいとし向上心を持ち、今までのキャリアを誇りにし、さらにキャリアアップを目指している人です。そのような人は、一つの職場を通過するたびに、一回り大きくなり、どんどん社会人としての自分の価値を高めていくでしょう。そんな人は、どんな業界でもほっておかれることはありません。転職を考えている人は、自分がちゃんとキャリアをつめているか、振り返ってみる必要があります。



このページの先頭へ戻る