どうせならば自分のやりたい会社に転職にする

 学生の頃は大企業に就職することが夢でした。しかし、中企業に採用されて10年近く働いてみると会社の大きさなどどうでもいいことに気が付いた記憶があります。

 

 転職時も、大企業志望を止めて純粋にその仕事をして楽しいかどうかを考えベンチャー企業に就職しました。IT機器を作る小さな会社ですが、少数精鋭の楽しい会社です。

 

 転職する時に考えたのは、「自分の能力をいかせる会社とはそのような会社か」ということでした。自分能力を客観的に判断している、認識している人なんて少ないはずですから、最後は直感になりますが、それでも自分の能力と新しい会社で働く自分の姿をイメージしながらそのイメージが最も当てはまった会社に転職することにしました。

 

 今の時代、「やりたいことを仕事にするのは難しい」と言っている人が大勢います。しかし、どのような環境下でもやりたいことを仕事にしている人はいます。このような時代だからこそ、自分が本当に働きたいと思える会社、自分の能力が必要とされている会社を見つけるべきだと思います。

 

 中高年層は難しいかもしれませんが、それでも妥協して言い訳して働くのだけは止めた方が良いです。転職一度すれば「嫌なら辞めればいいや」という選択肢を生みます。実際に一度やめて今の仕事にいるわけですから、働く時点でネガティブな感情を生むような消去法的な転職はせずに自分にとってプラスになるかどうかを考える加点法の転職をしてほしいです。転職はステップアップであって逃げではありません。

 

<転職情報>
中高年 転職サイト
中高年の方々への転職サイト紹介



このページの先頭へ戻る